トップメッセージ

-不 易 流 行-

弊社は、1920年(大正9年)に名古屋で靴下会社として創業致しました。
創業者の依田耕一と小林雅一は、第一次世界大戦後、近代化されつつあった日本の社会生活の中で必需品となる生活雑貨の中から、当時、家内工業の域を脱しておらず、かつ洋風化する生活の中で必需品になると思われる「靴下」を事業のターゲットとして考え、欧米にあった近代的な靴下編機を日本に持ち込み会社を設立。国内販売はもちろん、国外に輸出し得る靴下の製造販売を目指し、社名を“内外(ナイガイ)”と致しました
私たちはこの創業の精神を貫き、“見てよし””触ってよし“”履いてよし“の靴下を世界中に広める努力をし続け、本年2020年、創業100周年の節目の年を迎えることが出来ました。これもひとえに皆様のご支援の賜物と、心より感謝しております。
私たちは、次の100年も今まで以上に皆様に必要とされる企業であり続けるには、この創業以来の精神を次の世代に着実に継承していくと同時に、変えるべきものは大胆に変えることが大切だと考えております。
私たちは、創業100周年を機に、「社是」「社是を実現するための三つの挑戦」に加え、新たな時代に則した「企業ブランド理念」「ナイガイ企業憲章」「ナイガイの4つの行動文化」「ナイガイ人としての自覚と行動指針」を制定いたしました。世の中は、企業に新しい役割と存在価値を求めています。私たちは企業理念を再確認し、新しい時代へ向けて自らの存在意義をもう一度問い直し、絶えざる自己革新によって成長して参りたいと思います。

代表取締役社長
今泉 賢治