トップ [ 靴下・ソックス・ブランド ナイガイ ]
ブランド [ 靴下・ソックス・ブランド ナイガイ ]
会社情報 [ 靴下・ソックス・ブランド ナイガイ ]
IR情報 [ 靴下・ソックス・ブランド ナイガイ ]
お問い合わせ [ 靴下・ソックス・ブランド ナイガイ ]
オンラインショップ [ 靴下・ソックス・ブランド ナイガイ ]
TOP > 靴下博物館 > 目にとまるより足をとめさせる

  目にとまるより足をとめさせる

雑学
-目にとまるより、足をとめさせる-
Favor mark



 意中の人の心を射止めるために努力を惜しまないのは、洋の東西を問わない。そんなとき、相手の気を引くおまじないとして意外にもくつしたが使われる。
 韓国の男性はプロポーズのときに、梨の花の小枝を折り、その先に銅銭を何枚か結びつけ、これを夜中に女性のくつしたや足袋にこっそり入れておくそうだ。こうすると、良い返事がもらえるという。
 つまり、恋をかなえるためには、相手の目を引きつけるよりも、足をとめさせるのが一番というわけ。
 ヨーロッパにも、編み糸で相手の足をとめるおまじないがある。男性が女性の編んでいる糸に足をとられたら、いずれ彼女にプロポーズすることになるそうだ。逆に、女性が糸につまずくと、二人はひとりの男性をめぐるライバルになると信じられてきた。
 一方、買ったばかりの靴やくつしたを手から落としてしまうと、それを履きつぶすまで失恋が続くそうだ。どうぞ、ご注意を。

“くつしたの日”制定記念として作成された、
荒俣宏氏著作・監修の『THE BOOK OF SOCKS AND STOCKING』より