トップ [ 靴下・ソックス・ブランド ナイガイ ]
ブランド [ 靴下・ソックス・ブランド ナイガイ ]
会社情報 [ 靴下・ソックス・ブランド ナイガイ ]
IR情報 [ 靴下・ソックス・ブランド ナイガイ ]
お問い合わせ [ 靴下・ソックス・ブランド ナイガイ ]
オンラインショップ [ 靴下・ソックス・ブランド ナイガイ ]
TOP > 靴下博物館 > 11月11日は、くつしたの日

 11月11日は、くつしたの日

タイトル・雑学
-11月11日は、くつしたの日-

来たる11 月11 日は「くつしたの日」です。
靴下は左右ペアとなってその役割を担うことが、まるで男性と女性が一組となって家庭をつくるさまのようなことから、日本靴下協会では靴下を記念するペアーズデイとして、11 月11 日を「くつしたの日」といたしました。
1年でたった1 度、ペアとペアが重なるペアーズデイ、11 月11 日には大切な人に靴下を贈ってみてはいかがでしょうか。

タイトルイラスト・11月11日は、くつしたの日。

くつしたは左足右足ペアーとなって、はじめて役に立つ。ちょうど、男性と女性が一組になって家庭を作るように!
くつしたを記念するペアーズディが11月11日。
1+1が2にならず、11になるところがミソだ。ひとつの家庭からたくさんの子が巣立っていくことを象徴する日。
ところで11月11日のように月と日が重なる日を、古い中国の暦で「節句」といった。節句というのは、年に何回かある季節の折り目のことで、神に供え物をし、それを食べ合って健康や霊力の増進を祈った。
元旦に食べるおせち、3月3日の雛あられ、5月5日の柏もちも、この節句の習慣にある。
「くつしたの節句」には、くつしたを贈り合うのがいい。1年で1度、ペアーとペアーが重なるペアーズディ、11月11日。
それは儀礼的なバレンタインディやバースディともちょっとちがう、ペアーふたりがいっぺんに歓べる日。愛の合図に、くつしたを贈り合う日。

アーガイル、愛の合図
Argyle 写真・アーガイルの靴下スペースくつしたの模様といえば、ダイヤの形を組み合わせたかわいい柄が、よく見受けられる。これをアーガイル模様と呼ぶ。これには、ちょっとした伝説が隠されている。
かつてスコットランドにあったアーガイル城。その王女が恋人への贈り物に、ぜひともオリジナルな柄を届けたいと思った。何十日も苦心したあげく、スコットランドのタータン(チェック模様)を基本に編みだしたのが、アーガイル模様だった。これを編むには、針の頭を移したり、まわしたり、減らしたり、増やしたり‥‥しなければならず、愛がなければ編みあげられない。また、とてもオリジナリティーの高い模様のため、類似品や物真似が出ることもなかった。かくて、今もダイヤ柄とも呼ばれて親しまれている。
ダイヤの数は5つが一番安定性があり人気もあるが、3つのもある。
そういえば、昔、アーガイル柄のくつしたを履くと、赤色のダイヤのところだけヒフがただれる、という話もあった。その原因は、濃い色を染めると糸がかたくなるため、柔軟剤を使用したことによる。くつしたの赤色についた柔軟剤の水洗が十分でなかったために、ヒフに害を与えることになった。むろん、今はそんなことはない。
愛があるなら、アーガイル。愛する人に、気持ちをこめて。
“くつしたの日”制定記念として作成された、
荒俣宏氏著作・監修の『THE BOOK OF SOCKS AND STOCKING』より